逆質問って何を質問したらいいの?【テンプレだけじゃだめ】

就活
スポンサーリンク

逆質問って何を質問したらいいのか分かりませんし、悩みますよね(><)
仕方なくテンプレを使って誤魔化そうとしたくなる気持ち、わかります、、

しかし、テンプレは使い方によってはすごく効果を発揮するんです!
その使い道とは??

まずは、逆質問を対策しなければいけない理由を述べなければいけません。

逆質問は面接の印象を大きく左右する?

逆質問の時間はだいたい面接の最後に来ます。そのため、面接全体の印象を左右しかねません。
これは面接相手においても、あなた自身においてもです。

例えば、面接相手にあなたの熱意や志望度を伝えることができたとします。
しかし、逆質問で全く質問できない、もしくはテンプレ(「御社で活躍されている方はどんな方ですか」や「今後の御社の主力サービスは?」などなど)で質問して納得して終わる。それだけでは「この子はほんとは熱意や自社への興味がないんじゃないのか」と感じてしまいます。

またあなた自身にとっても、「途中まではうまくいっていた気がしたのに」や「逆質問であまり深い質問をすることができなかった」と面接後に悔しい等マイナスの感情を抱いて不安になってしまいます。一度の面接で不安になると、後の面接にも響いてしまいます。

逆質問は盛り上がる時間?

私は逆質問の時間ってチャンスだと思ってます。
なぜなら、面接相手にとって聞きたくない話を頑張って聞いて、頑張って質問する時間だからです。
それに対して、逆質問は面接相手が話すことができる時間ですよね。
基本的に人はみんな「話したがり屋」なので、面接相手にたくさん語ってもらうことで逆質問の時間を乗り切りましょう!

つまり「面接相手に盛り上がってもらい、逆質問の時間中に熱く語ってもらう。すかさずに〇〇さんのお話を聞いて実際に働くイメージが湧きました!そういう考えを持って働ける御社で是非働きたいですとアピールしましょう。」
テンプレからスタートしてもいいので盛り上がらせる

それが逆質問の必勝法です!

タイトルとURLをコピーしました