理系就活こそTOEICで有利になれる話

就活
スポンサーリンク

今回はTOEICが就活で有利になるのか、
そしてTOEICでどのようにアピールするといいのか考えてみました。

TOEICって就活に使えるの?

TOEICは就活にめちゃめちゃ使えます!!
特に理系の学生に本当におすすめです!
TOEIC 800点を取りましょう!

なぜかというと、TOEICを持っていることで2つの点に関して周りよりも優位にアピールできるからです。

TOEICの高得点はパワーワード

私はTOEIC 800点です。

あなたが面接官ならどう感じますか?
「すごいな」と思いませんか?

たった一言で「できる印象」を与えることができるものって滅多にないと思います。
実際、私自身も「TOEIC 800点はすごいな、憧れるな」と思い、努力して800点を獲得しました。そして私も800点のために頑張ったからこそ、「きっと努力したんだろうな」と印象を持ちます。余程じゃない限り努力が必要です。

TOEICで高い点を持っているだけで
一定の能力を有している」、「努力することができる」といった入社しても活躍してくれそうな期待を持ってもらうことができます。

※なぜTOEIC 800点を目指すべきかの理由については下記で説明しています。

TOEIC獲得までのプロセスをアピールできるのは圧倒的強み

TOEICで高得点をもっているからこそ、高い点数を取るためのプロセスを「学生時代にがんばったこと」としてアピールすることができます。

しかし、「ただ高い点数を取ったこと」をアピールするだけでは全く評価されません。

どうすればいいかというと、
「英語を勉強するきっかけ」
「点数を取るまでに苦労したこと」
「勉強方法など独自に工夫した考え」
「英語力を発揮して会社に貢献する具体的な内容」など
をアピールすると効果的です!

これらを意識すると「ただTOEICの点数が高い人」ではなく、「目的意識をもって勉強している人
TOEICを通して高い問題解決能力を有している人
にランクアップします。

英語が苦手→英語を勉強するきっかけ→点を取るための試行錯誤→試行錯誤→TOEIC 800点獲得
の流れも「苦手を克服できる」といった強みが持てそうですよね。

英語を勉強する理由については、こちらを参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました