【2020年流 就活術】WEBテストで落ちないためには(Skypeを活用しよう)

就活
スポンサーリンク

本記事は、志望企業のWEBテストで落ちて苦しんでいるあなたに是非読んで欲しい記事です。

ただ何も考えずにWEBテストを解いていませんか?

一人で解いていませんか

WEBテストを一人で解いてきたあなた、はっきり言って損しています

そもそもWEBテストを一人で解いてはいけないなんて決まり切ってはいません。周りの学生が協力していた場合、完全に不利ですよね、、

もしくは、現在の外出自粛で仕方なく一人で解いている学生が多いのではないでしょうか。そんなあなたにはSkypeを活用することをオススメします!

Skypeの様子

skypeを活用しよう

Skypeを利用すると、友人と画面共有をしながら通話することができます!画面共有をすることで、友人と同時に協力して問題を解くことができます!さらに離れた友人と一緒に取り組むことが出来るのは、このご時世では有利になるかもしれませんね!

役割分担で圧倒的に有利になろう

さらにおすすめしたいのは、役割分担をすることです(特に「検索担当」はめちゃくちゃ重要)!語彙問題や文章問題はネットで検索すると出てくることが多いので、調べるだけで超時短することができます。WEBテストでは簡単な問題は検索で時短し、難しい問題を含めてなるべく多くの問題を解けることを目指しましょう!

問題なんて使いまわし

今までWEBテストを解いてきて、「この問題見たことあるぞ」と思った経験はありませんか?
例えば、最初の例題が出題されることはあるあるだと思います。

また企業のWEBテストは同じものを扱っているため、同じ問題が出てくる場合が多いです!そこで志望度が高い企業では、先に友人に受けてもらうことを絶対にオススメします!

よりあなたがWEBテストを通過できるように、今回は私が実践していた方法を紹介します!

WEBテスト対策法

この対策法の肝は、あなたが志望している企業を友人に受けてもらうことです。そして友人に、先にWEBを受けてもらいます。ここで重要ポイントです!

友人と一緒にWEBテストを受けて、分からない(特に難しい)問題の写真を撮りましょう!

そうすると、

  • 問題の傾向・難易度がわかる
  • 事前に問題を把握することで、解けない問題をなくす

といったことが把握できますよね!この対策をやるだけで、あなたがWEBテストで落ちる可能性をぐっと減らすことができると思います。WEBテストのボーダーが高い企業ほど真剣に事前準備をしましょう!

WEBテストは「事前情報ゲ」です。

入社後を見据える(WEBテストであなたの適性が見られてます)

WEBテストは就活の通過点ではありますが、入社後の適性を判断する際にも使われています。例えば、計算問題の成績が悪い人だと、この子は「数字に弱いから」経理とかには向いてないかなと思われますよね。経理の志望だと勿体無いですよね。また「地頭」の良し悪しを判断されるかもしれません。

ただ就活を通るために、WEBテストを通ればいいや、という考えでは甘いです。できる限りの準備をして、出せる限りの好成績で通過しましょう!

特に性格検査も超重要です!配属では性格検査であなたの性格がどこの部署が適性か判断されます。検査を受ける際には、この会社(特に志望部署)でどんな働きたいかを意識して答えるようにしましょう!

当サイトでは、SPIの対策法についても紹介していますので是非一読ください!

タイトルとURLをコピーしました